屋根が影ってしまっているお宅におすすめなメーカー

影によって発電ロスが生じる

例えば、昼間は屋根に障害となるものはないのに、昼過ぎになると家の前の大きな枝の影で屋根が陰ってしまうというパターン。

よくありますよね。

この場合でも、太陽電池モジュール(パネル)は発電します。

発電ゼロという事はありません

というのも、太陽光発電は太陽の光(直射日光)によって発電しているわけではなく、太陽光が及ぼす光によって発電しているからです。

直接太陽光が当たらない部屋の中でも日中は明るいですよね?

このように明度の量によって太陽光発電は活躍してくれます。

しかし、その影の部分だけ発電ロスがが生じます。
屋根に影

太陽光発電システムはモジュールを何枚かで一組という形で電気を作るようにしています。

この何枚かで一組の呼び方を4直列4回路(モジュール4枚を4組という意味)とか、3直列5回路(モジュール3枚を5組という意味)とか言います。

直列と回路についてはコチラ → 太陽光発電に対する直列、回路の関係性

そして、太陽光発電システムを1組でまとめないのは、上記の場合のように屋根が一部陰ってしまっても他の部分がきちんと発電するようにするためです。

屋根が影っても発電する仕組み

1組でまとめてしまうと一部の影が発電全体に影響を及ぼしてしまいます。

また、影にはならなくても鳥の糞や葉っぱがモジュールに乗っかってしまって発電ロスが生じることも十分に考えられます。

モジュールを1組でまとめていないのは、このような時に全体の発電に影響を及ばさない為です。

従って、屋根の一部が陰ってしまっても発電はしますが、その影の部分だけ発電ロスが生じます。

シュミレーション時に、この発電ロス分も視野にいれて計算する事が大切ですね。

また、影に強い太陽電池としてCISモジュールも存在します。

CISモジュールとは銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)の化合物で構成された太陽電池モジュールのことです

CISモジュールは、陰によるシステム全体の発電量の低下を最小限に抑えることができ、総合的に見ても朝晩などの日射量が少ない時間帯にも有効に発電してくれる特徴があります。

屋根に影がかかっているお宅や東北地方の雪の影響などがあるお宅は前向きに検討してもよいでしょう^^

影に強いメーカーはコチラdです → ソーラーフロンティア太陽光発電システム

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム