屋根一体型太陽光発電のメリット・デメリットまとめ

屋根一体型太陽光発電は屋根に同化した太陽光発電

通常の太陽光発電は屋根に架台(レールのようなもの)を取り付け、その上にモジュール(パネル)を設置します。

屋根一体型太陽光発電とは、架台を使用せず屋根の中に太陽光発電が埋めこまれたものを言います。

屋根一体型太陽光発電
京セラのカタログを参照

屋根に同化しているので、太陽光発電によって家の外観を気になさる方などは屋根一体型を検討されてもいいと思います。

ただ私自身は屋根一体型太陽光発電をおすすめしていません。

その理由を、屋根一体型太陽光発電太陽光発電のメリットも合わせてデメリットをご紹介していきますね。

屋根一体型太陽光発電のメリット

屋根一体型太陽光発電の一番のメリットは家の外観に馴染んで太陽光発電を設置することができるので、外観を損ねることなく太陽光発電を設置できるデザイン性の高さにあります。

また、太陽光発電というと後付の太陽光発電が多いので、屋根一体型太陽光発電は近所で注目を集めることもできます。

また、家自体が太陽光発電を設置するための仕様になっていますので家(屋根)への負担も少ないです。

屋根一体型太陽光発電のデメリット

屋根一体型太陽光発電を私がおすすめしない一番の理由は、コストパフォーマンスが屋根置き型に比べて悪いからです。

屋根一体型太陽光発電というと、京セラのヘイバーン(HEYBAN)が有名ですが、ヘイバーンの性能は現在出回っている太陽光発電と比べると性能が落ちます。

同じく京セラの屋寝置き型タイプのKJ210P-3MUCEと性能を比較してみましょう。

ヘイバーン(KJ61P-4AYCB)とKJ210P-3MUCEの比較

当サイトで紹介しているメーカーで屋根一体型を提供しているのは下記の2メーカーになります。

公称最大出力 モジュール変換効率 価格(1枚あたり)
ヘイバーン( KJ61P-4AYCB) 61W 8.7% オープン価格
KJ210P-3MUCE 210W 15.9% 100,800円

こうして見てみると、性能の違いが歴然ですね。

屋寝置き型タイプのKJ210P-3MUCEの公称最大出力、モジュール変換効率も低いですが(2016年では公称最大出力250W以上、モジュール変換効率20%弱というのが目安)、ヘイバーンはそれをはるかに下回る数値となっています。

太陽光発電を設置する動機は人それぞれですので、一概に「ヘイバーンはおすすめしません!」と言うつもりはありませんが、太陽光発電に経済的メリットを考える人がいたらおすすめはしませんね。

当サイトで屋根一体型太陽光発電を扱っているのは下記の2メーカーになります。

メーカーの特徴も踏まえて、ご検討ください^^

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム