施工ID(太陽光発電)とは?トラブルを未然に防ぐコツ?

施工IDとは太陽光発電の施工、販売を行う為に各メーカーが付与した資格のこと

太陽光発電のメーカーは国内だけも10以上、国外をあわせると20以上にもなります。

太陽光発電の施工、販売を行う為には各メーカーが行う研修に参加し実技試験、座学に参加し合格する必要があります

各メーカーが行う研修に合格するとめでたく施工IDが付与されて太陽光発電の施工が可能になります。

各メーカー施工基準が違うためこの施工IDは全てのメーカーに対応するものではなく、シャープだったらシャープだけ、三菱だったら三菱だけというものになります。

なので、販売店が5メーカー(シャープ、東芝、京セラ、パナソニック、サンテック)を扱っていたとしたら、それぞれの施工IDを持っている必要があるというわけです。

現在では、メーカー合流で一つの場所で15日程度の研修を受講して認定試験に合格すると施工IDを発行してくれます。

ちなみに施工IDだけでは、太陽光発電の施工は行えません。

施工IDとともに、電気IDを取得する必要があり、電気IDは4日ほどの研修で取得できます。

受講費は、施工ID研修は22万円程度、電気IDは2万円〜5万円程度となっています。

トラブルの原因

冒頭で施工IDがないと太陽光発電の施工、販売ができないと明記しましたが、現場に施工ID資格取得者が1名従事するだけでOKというのが現行では許されています。

ここら辺が、太陽光発電の施工によってトラブルが起きる一つの要因だと言われています。

また、施工IDに似ているもので『PV施工技術者制度』というものがあります。

これはJPEA(太陽光発電協会)が認定する太陽光発電施工にまつわる一定水準の品質の確保と向上を目的に行われている研修です。

各メーカーが実施する研修と似ていますが、『PV施工技術者制度』は太陽光発電に関する基礎知識、電気工事、屋根工事、工事安全管理等の知識を総合的な内容になります。

『PV施工技術者制度』に合格しても各メーカーが発行する施工IDは必要になりますが、販売店、施工業者を選ぶ一つの目安になりますね。

現在では、屋根に穴を空けないシンプルレイ工法などの最新の施工法も生まれ、施工スキルについても差が生まれつつあります。

⇒ 屋根に穴を空けないシンプル・レイ工法が斬新すぎる

私のおすすめは販売店と施工業者が一つの会社として連係を取っている業者ですね。

私の勤めていた会社もそうでしたが、この連係って何気に大切なんです。

お客さんの要望を聞くのって通常、営業マンですが、それをきちんと施工業者に伝えるってなかなか労力のいることですし、そこには人間関係も必要になってきます。

施工IDを持ってるから、と安易に考えずに販売と施工を一貫して行っている実績のある業者を選ぶ事がトラブルを未然に防ぐコツでもあります^^

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム