パネルの耐久性は大丈夫?霰(あられ)や雹(ひょう)が降ったら壊れる?

モジュール(パネル)は強化ガラスによって守られているのでちょっとやそっとじゃ割れない

太陽電池モジュールの表面はJIS規格を満たした強化ガラスになりますので、霰(あられ)や雹(ひょう)などではびくともしません。

※JIS(日本工業標準調査会)では、結晶系太陽電池モジュールの環境試験方法及び耐久試験方法では1mの高さから227g直径38mmの鋼球を落下させて、これに耐えることと規定されています

イメージしてもらうと、車のフロントガラスよりも強力なガラスになります。

車のフロントガラスも霰(あられ)や雹(ひょう)では割れませんよね?

構造としては、強化ガラス/封止フィルム/セル(太陽電池)/封止フィルム/バッカーフィルムという風に太陽電池を特殊なフィルムと強化ガラスで重なり合う仕組みとなっています。

ちなみにもし割れたとしても、ガラスは樹脂で接着されているので飛び散る事はありません。

私のお客さまでも未だかつてモジュールが割れたというお客様はいらっしゃらないので、モジュールが割れるという心配はほとんどしなくて大丈夫だと言えます^^

万が一割れてしまったら災害補償が適用される

太陽光パネルの強化ガラスが強固なのは前述したとおりですが、万が一霰(あられ)や雹(ひょう)、飛び石などによって太陽光パネルが割れてしまったらメーカーや販売店が付与してくれる自然災害補償が対応されます。

自然災害補償はこの他にも、火災・落雷・風災(台風など)・雪災(豪雪など)・水災(洪水など)が保証対象になり、万が一パネルが割れてしまったり故障してしまったら無償で修理、交換してくれます。

自然災害補償はどこのメーカーや販売店でも保障として付いているわけではないので、設置前に確認が必要ですね。

また注意が必要なのは、どこの販売店やメーカーの自然災害補償も地震に対しての損傷に関しては保証対象外になります。

地震に関しては、地震保険が適用されるので確認しておきましょう。

⇒ 太陽光発電を設置したら必ず地震保険に加入しましょう

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト

当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ