太陽光発電は引っ越しの際、移設可能ですが絶対におすすめしない理由

太陽光発電は移設も可能だけど、、、

現在お住まいの家から引っ越しを考えている方や家の建て替えを検討している方などは太陽光発電を一度設置しても移設できるかどうかが、気になる所だと思います。

しかしご安心ください!移設は可能です^^

ただ移設にかかる費用は50万円〜100万円というのが相場になっています
この費用の中には、パネルや配線、パワーコンディショナなどのシステムの移設施工費費用、取り外した屋根のリフォーム費用などが含まれています。

このように太陽光発電の移設は可能ですが、問題なのは移設した先で現在のメーカーのものでメリットがでるかどうかということです。

また、移設してもメーカー保証は引き続き継続されますが、移設によって機器が故障してしまった場合には保証対象外になります。

すでに住居の引っ越しや建て替えが視野に入っている方であれば、安易に移設できるからと設置してしまわずに、移設先の環境(日照量、屋根の形状、地域など)を加味しながら検討したほうがよいでしょう。

移設手続き

太陽光の移設に伴って、手続きが必要な所があります。

  1. 電力会社に接続契約変更届け
  2. JPEA(太陽光発電協会)に軽微変更届け
  3. JPEA(太陽光発電協会)に太陽光発電システム移設報告書届け

以上の3点が太陽光発電の移設に伴って発生する必要な手続きになります。

どれも書面での提出になり煩わしいことはありません。
また、移設をお願いする業者で代行して行ってくれる所もあるので、合わせて確認してみるとよいでしょう。

家を太陽光発電住宅として賃貸に出しちゃう?

ちなみに、太陽光発電を移設せずにそのまま住宅に設置しておいて、そのまま賃貸しする方法もあります。

太陽光発電付きの住居は普通の住居に比べて家賃が高く設定できる可能性があります。

移設に50万円〜100万円かけるのであればそのまま設置しておいて、高い家賃収入を得るほうを選ぶ方もいらっしゃいます。

この場合の売電収入は賃借人(新しい入居者)が受ける事になり、売電収入が得られ電気代も安い住宅という事で他の物件に比べてかなり有利に賃貸に出すことができます

家賃の額は周辺の住居環境によるところもあるので、最寄りの不動産屋さんと相談して決めましょう。概ね周辺住居よりも3〜4万円高い家賃設定が可能です。

太陽光発電の移設はおすすめしません

上記で説明したように物理的には太陽光発電の移設は可能ですが、私はおすすめしていません。

理由は、移設に際して少なからず屋根、太陽光発電システム全体が痛むからです。

特に屋根が心配ですね。

施工方法にもよりますが、大概の太陽光発電の施工法は屋根に穴を開けて設置しています。

その為、移設するとなると開いた穴の補修(防水テープ、シリコン補修など)が必要になり移設後の雨漏りリスクが高まります

また、配線関係も移設することになるので少なからず痛みます。

移設による故障は保証対象外になりますし、故障しなくても屋根や配線関係が痛むことを考えれば、出来れば移設は避けて賃貸しにメリット製品としたいところですね。

特に築年数が20年以上のお宅や木造建築のお宅での移設はおすすめしません。

現在では、屋根に穴を開けないシンプルレイ工法などもありますので、移設や雨漏りが気になるのであればそちらもご検討ください。

シンプル・レイ工法とは、架台を東西に屋根に覆わせるように設置し、その上に太陽光発電を設置すると言う今までと全く違った施工方法です。

移設するくらいだったら思い切って売っちゃうのも一つの手

太陽光発電住宅として賃貸に出すのも手ではありますが、思い切って太陽光発電を売ってしまうのも一つの選択肢として考えてもよいでしょう。

今後は改正FIT法の施行により定期的なメンテナンスも義務付けられます。移設で費用を支払えば当然ですが、収益性は下がります。

であるならば、現在の高値で買い取ってくれる時期に思い切って売ってしまって利益を確定させてしまってもよいでしょう。

ただ、どの太陽光発電もプラスの収益になるとは限りません。

メーカー、劣化具合、システム数などによって買い取り価格が変わってきます。
ソーラーリノベーション
当サイトでは1円でも高く太陽光発電の買い取りを希望する方にソーラーリノベーションでの買い取りをおすすめしています。

ソーラーリノベーションでは、わずか1分で一度に5社からの買い取り価格をオンライン上で確認することができます。

無料で使えるサービスになりますので、悩む前にまず買い取り価格を確認してみましょう^^

⇒ ソーラーリノベーション公式ホームページ
ソーラー・リノベーション

【2017年】都道府県別補助金