経済産業省が買い取り期間満了後も買い取り継続を検討

10年経過後はどうなる?

太陽光発電の一つの魅力が屋根で作った電気を売れる点です。

住宅用では10年、産業用では20年というのが決まりですが、その期間を経過した後のことは決まっていませんでした。

太陽光発電の買い取り制度は2009年から開始されていて、早くて2019年に買い取り期間が満了するお宅がでてきます。

そんな気になる買い取り期間後のことですが、2015年4月14日に再生エネ事業者(大手電力会社)に発電を義務づける検討に入ったとのことです。

まだ検討段階ですのでどう転ぶか分かりませんが、現段階では買い取り期間が終わっても、そのまま買い取りが継続する方向で検討するとの内容です。

2015年の日本での太陽光発電のシェアは3%程度だと言われています。

今後のシェアの伸びや各電力会社の経済状況などによって、買い取り期間の延長が決まりそうです。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近い最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

ご利用は無料です^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム