家の中で使える超薄型(0.2mm)の太陽光発電がオシャレ

最新の太陽光発電は薄くてオシャレ

超薄型太陽光発電
フィンランドのThe VTT Technical Reserch Centreが開発した太陽光発電が薄くてオシャレです。

今までの太陽光発電というと屋根の上に大きなパネルを取り付ける大掛かりなものでしたが、今回のThe VTT Technical Reserch Centreが開発した太陽光発電は厚さ0.2mmと超薄型で、家の中の照明もエネルギーに変える働きをしてくれます。

柄の入ったオシャレなものなので用、壁や窓の飾りとして使えそうです。

すでに量産できる材質だと言いますから、徐々に超薄型太陽光発電も世界に浸透していくかもしれませんね。

まだ製品化にはいたっていないので価格は公開されていませんが、価格も落ち着いてくれば是非使ってみたいですね^^

【2017年】都道府県別補助金