シャープが住宅用太陽光発電に本気を出す

シャープの太陽光発電

経営不振が騒がれているシャープですがその経営立て直しに太陽光発電事業を選んだようです。

シャープと言ったら長年、日本の太陽光発電のシェアNO.1の企業で、太陽光発電=シャープと言っても過言ではありませんでした。

近年のシャープ

しかし、近年の液晶パネル(テレビ)で一気に事業がへこんでしまい、そのゴタゴタで主力であった太陽光発電事業までも不調で、最近では日本でのシェアもパナソニックに追い抜かれるまでになってしまっていました。

これは今までシャープが産業用(投資用)の太陽光発電パネル事業を中心にシェアを伸ばしてきたことからですが、最近のシャープは経営不振から思うように産業用のパネル増設に踏みきれていませんでした。

そしてこのほど、シャープが経営の立て直しに住宅用の太陽光発電事業に注力する方向で動くと言います。

手始めに大阪の堺市のシャープの工場のラインを増設すると言います。

私達消費者からしたら、このようにメーカー側の競争はサービスの向上を意味します。

シャープの再建でまた太陽光発電が良い方向に向かうといいですね^^

都道府県別補助金