太陽光発電が一番発電する季節、気温に関する誤解

太陽光発電は春に一番発電する

太陽光発電にはいくつか間違ったイメージが定着しているふしがあります。

その一つに太陽光発電が一番発電する季節についてがあります。

私のお客様の中にも太陽光発電は夏(7月〜9月)が一番発電するのではないか?ということです。

太陽光発電は温度(高温)によって発電するというイメージを持っていらっしゃる方が相当数いらっしゃいました。

しかし、別ページでもご紹介しましたが太陽光発電は高温に非常に弱い性質をもちます。

この太陽光発電=温度、というイメージは少し前に流行った太陽熱温水器の影響ですね。

⇒ 太陽光発電と太陽熱温水器の違いについてはこちらをご覧下さい

太陽光発電では温度ではなく日照量(明度)によって発電量が決まります。

よって下記の日本気象協会の日照量グラフを元にご説明しますと、4月〜5月の春先が一番発電する事になります

メガソーラー向け太陽光発電量の経年変動解析 | 日本気象協会

確かに、7〜8月における夏場も太陽光発電はよく発電はしますが、それは太陽が沈むのが遅い為で決してよく発電しているわけではありません。

この他にも一日の太陽光発電の発電リズムも理解しておくと、将来の光熱費0円住宅へ一歩近づくことになります^^

高温になればなるほど発電しなくなる?

太陽光発電が春から初夏にかけて一番発電する事は上記で述べましたが、夏場ではどれだけ発電ロスがおきるのでしょうか?

これに関しては、どのメーカーの太陽電池も25度を境に、温度が1度上がるたびに0.5%程度発電ロスが起きます

なので最大250W発電する太陽光発電でも、夏場の昼間(35度)では、250W÷0.5%×10度で50Wの発電ロスが生じる事になります。

ちなみに、各メーカーが提供しているカタログの太陽電池モジュールの公称最大出力数値は、気温25度で日射量1000W/m2での数値になります。

最適な温度というのはメーカーによってや、モジュールの材質(単結晶、多結晶、CISなど)によっても違うので一概には言えませんが日本で言えば、寒い冬のほうが発電効率は良くカタログ数値よりも10%〜20%高いと言われています。

設置する季節は春先がいい?

少し細かい話しになりますが、太陽光発電を設置するタイミングとしては一番発電する春先(4〜5月)がベストです。

あまりこの設置をスタートさせるタイミングから逆算して太陽光発電を申し込む方は少なかったですね。

しかし、前述したように太陽光発電が一番発電するのは春先です。

屋根の形や大きさ、家族のライフスタイルにもよりますが、毎月の支払いと同じくらいの発電パフォーマンスで太陽光発電が設置できるお宅もありました。

まぁ、現実には補助金の兼ね合い(補助金は予算制でなくなり次第終了)販売店のキャンペーンなどのタイミングも大切になってきますので、一概に春先の設置がおすすめとは言えませんが、頭の片隅に置いておいて損はないでしょう。

なんにしても、太陽光発電の購入価格ばかりに集中しないで、設置タイミングも合わせて考えれば、もっとオトクに太陽光発電が設置できるかもしれんよ^^

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近い最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

ご利用は無料です^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム