住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電の違い

太陽光発電システムには『住宅用』と『産業用』というシステムがあります。

どちらも太陽光発電の光を使って、電気を作って電気が売れるシステムであることに代わりはありませんが違いもあります。

住宅用太陽光発電システムと産業用太陽光発電システムの違いについてまとめてみました。

システムの規模の違い

住宅用と産業用では設置する太陽電池の規模が違います。

住宅用太陽光発電システムの場合は2kWからシステムが用意されていますが、産業用太陽光発電システムの最低システムは10kWになります。

パワーコンディショナーの違い

当たり前の話しですが、設置する太陽電池の量が多いという事は、それを変換するパワーコンディショナの質も変わります。

産業用太陽電池システムの最低システムは10kWなので、より処理能力の高い(最大定格出力の高い)パワーコンディショナを使用します。

買い取り制度の違い

太陽光発電で作った電気を電力会社に買い取ってもらう買い取り制度は、住宅用は固定買い取り制度であるのに対して、産業用では全量買い取り制度になります。

固定買い取り制度に付いては別ページをご覧下さい。
太陽光発電の固定買い取り制度とは?

全量買い取り制度とは、太陽光発電で作った電気を自家消費に回さず全て電力会社に売ってしまう制度の事です。

設置場所の違い

住宅用太陽光発電システムのモジュール(パネル)は家屋の屋根に設置されることが多いですが、産業用太陽光発電システムの場合モジュールの枚数も多くなるので更地や遊休地を利用して設置される事が多いです。

施行方法の違い

設置場所が違うので施行方法も変わります。

住宅用太陽光発電システムは屋根の角度にモジュールを設置しますが、産業用太陽光発電システムの場合、角度を付けるため架台を組み合わせて角度を付ける陸屋根設置工法を使用します。
※住宅用太陽光発電でも陸屋根(屋根に角度がない平坦な屋根)のお宅にはこの設置工法が使われます。

目的の違い

住宅用太陽光発電システムの場合の目的は将来の光熱費ゼロ住宅になりますが、産業用太陽光発電システムは投資対象物の色が強くなり、目的は売電収入になります。

近年、太陽光発電が投資の対象として熱い視線を浴びています。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近い最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

ご利用は無料です^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム