2017年(平成29年度)太陽光発電の売電価格とこれまでの推移

2016年10月に太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの2017年(平成29年度)の売電価格の話し合いが行なわれました。

その結果とこれまでの売電価格の推移になります。

10kW以下(住宅用)

設置年度 買い取り期間 売電価格
2009年(平成21年度) 2019年まで 48円
2010年(平成22年度) 2020年まで 48円
2011年(平成23年度) 2021年まで 42円
2012年(平成24年度) 2022年まで 42円
2013年(平成25年度) 2023年まで 38円
2014年(平成26年度) 2024年まで 37円
2015年(平成27年度) 2025年まで 33円(出力制御対応機器設置義務有り地域は35円)
2016年(平成28年度) 2026年まで 31円(出力制御対応機器設置義務有り地域は33円)
2017年(平成29年度)  2027年まで 28円

 

10kW以上(産業用)

設置年度 買い取り期間 売電価格
2012年(平成24年度) 2032年まで  40円
2013年(平成25年度) 2033年まで 36円
2014年(平成26年度) 2034年まで 32円
2015年(平成27年度) 2035年まで 29円(7月から27円)
2016年(平成28年度) 2036年まで 24円
2017年(平成29年度) 2037年まで 21円

 

これからも売電価格は下がる?

上記の表を見ていただいてもお分かりのように売電価格は年々下がっています。

また、再生可能エネルギーの話し合いでも2019年に24円(産業用は14円)まで下げる見通しである事が発表されました。

このような動向を見て太陽光発電を設置するベストなタイミングを図っていただけたらと思います。

なるべく高い売電価格で設置することを私はおすすめしています^^

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム